サイエンスホーム宮城北店 /

悠々ホーム株式会社 宮城県登米市米山町西野古舘廻56-1

tel:0120-216-210

Facebook

Instagram

サイエンスホーム宮城北店 /悠々ホーム株式会社

メニューを開く

スタッフブログ

スタッフブログ

給湯機のタンク容量は大きいほうがいいの?小さいほうがいいの?

NO.373


【宮城県登米市、大崎市、石巻市、栗原市、美里町、涌谷町、南三陸町周辺で注文住宅、規格住宅などの木の家を専門に建てている『家づくりはお客様の幸せづくり』をコンセプトに活動してる悠々ホーム株式会社(サイエンスホーム宮城北店)の代表取締役社長ブログです。】

サイエンスホーム宮城北店(悠々ホーム株式会社)の

鈴木浩です。

いつもブログを見ていただき、

ありがとうございます😄

仙台でも新型コロナウイルスの感染者が

また新たに出てしまいましたね。

なかなか、収束は難しいですね。

早く特効薬が出ればいいのですが。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

給湯機って今はオール電化の影響もあって

エコキュートを使ってるご家庭が多いと

思います。

弊社では標準仕様がダイキンのエコキュート

なのですが、

ダイキンの場合はタンク容量が

370Lのタイプと460Lのタイプが

あります。

370Lは3~5人が対象

460Lは4~7人が対象

になってます。

タンクの容量によって対象人数は決まって

ますが僕はタンクの容量は大きいほうが

いいと思います。

何故かっていうと断水になったとき

などに給湯機の水を使うことが

出来ます。

そうなると当然460Lのタンク容量の

ほうがいいですよね。

それと年ごろのお子様がいる家庭では

予想以上にお湯を使いますので

370Lでは足りなくなってしまう

場合もありますよね。

ネックなのは370Lのタイプより

460Lのタイプのほうが価格が

高いということなんです。

でも、実は定価で比べると11万円ぐらいの

差がありますが実際は4、5万円ぐらいの差で

変更が出来ます。

だったらタンク容量の大きいほうが

いいと思いませんか?

今日は給湯器のタンク容量の

お話でした。

今日はここまでです。

最後まで読んでいただき、

ありがとうございます。

明日も宜しくお願いします!

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

登米市、大崎市、石巻市、栗原市近郊で

おしゃれで温もりのある木の家を建てるなら

サイエンスホーム宮城北店(悠々ホーム株式会社)

ホームページはコチラ

インスタグラムはコチラ

サイエンスホーム宮城北店展示場の

見学のご予約はコチラ

展示場にご来場いただいても強引な営業や

お客様の家への訪問はいたしませんので

安心してご来場ください。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

CONTACT 宮城県登米市を中心に木の家づくり

※現場に出ており、不在の場合もございます。ご了承ください。

サイエンスホーム宮城北店 /

悠々ホーム株式会社

〒987-0321 宮城県登米市米山町西野古舘廻56-1 > アクセス > 会社概要

  
follow us!
Facebook
Instagram

旧ブログはこちら

まずは無料小冊子請求

もうちょっと私たちの家を見てみたい方へ

Welcome!

モデルハウスに行ってみたい! 来場予約はこちら

心地よさを実際に体感してみたい方へ

CONTACT 宮城県登米市を中心に木の家づくり

tel 0120-216-210

※現場に出ており、不在の場合もございます。
ご了承ください。

サイエンスホーム宮城北店 /

悠々ホーム株式会社

〒987-0321 宮城県登米市米山町西野古舘廻56-1

> アクセス > 会社概要

   
follow us!
Facebook
Instagram

旧ブログはこちら