サイエンスホーム宮城北店 /

悠々ホーム株式会社 宮城県登米市米山町西野古舘廻56-1

tel:0120-216-210

Facebook

Instagram

サイエンスホーム宮城北店 /悠々ホーム株式会社

メニューを開く

スタッフブログ

スタッフブログ

人に何かを伝えるときは・・・・

NO.655


【宮城県登米市、大崎市、石巻市、栗原市、美里町、涌谷町、南三陸町周辺で注文住宅、規格住宅などの木の家を専門に建てている『家づくりはお客様の幸せづくり』をコンセプトに活動してる悠々ホーム株式会社(サイエンスホーム宮城北店)の代表取締役社長ブログです。】

サイエンスホーム宮城北店(悠々ホーム株式会社)の

鈴木浩です。

いつもブログを見ていただき、

ありがとうございます😄

今日は連休明けの仕事始めです。

朝から天気が良くて清々しいですね。

昨日は娘に

「パパ、ギター教えて!」と言われて

ちょっと嬉しかったです。

人に何かを伝えたり、教えたりするというのは

難しいことですね。

僕たちの仕事でもお客様に何かを

伝えるときは出来るだけ専門用語を

使わないように心がけています。

僕も気をつけてないとついつい

言ってしまうのは寸法の表現ですね。

建築の図面というのは基本的に

1mを1000ミリと表記します。

その癖で

「柱と柱の間は910ミリあります!」

なんて平気で言ってしまうのです。

お客様からすると

「ハッ!」ですよね。

910ミリはセンチになおすと

91センチです。

センチというのは一般的にも良く使う

表現ですがミリというのはあまり

一般の人は使いませんよね😢

それとよく使ってしまうのは

「ここからここまでは約一間(いっけん)です!」

なんて言い方をよくします。

ご年配の方だと結構わかる方は

多いのですが、

若い方だと、

「一間って何?」って

感じですよね。

一間というのは

約1m82センチです。

畳の長い辺が約1m82センチです。

建築をやってる人にとっては常識ですが

一般の方には分かりにくい言葉って結構

あるんですよね。

僕もまだまだ未熟なので意識してないと

つい専門用語を使ってしまうこともあります。

自分で気づいた時はすぐに

言い直すんですが、

気づかないときは、

「今の言葉って何ですか?」って

聞いていただけると助かります。

人に何かを伝えるというのは相手の方が

分かる言葉で伝えるというのが基本中の基本だと

思うので、意識していきたいと思います。

今日はここまでです。

最後まで読んでいただき、

ありがとうございます。

明日も宜しくお願いします!

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

登米市、大崎市、石巻市、栗原市近郊で

おしゃれで温もりのある木の家を建てるなら

サイエンスホーム宮城北店(悠々ホーム株式会社)

ホームページはコチラ

インスタグラムはコチラ

サイエンスホーム宮城北店展示場の

見学のご予約はコチラ

展示場にご来場いただいても強引な営業や

お客様の家への訪問はいたしませんので

安心してご来場ください。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

CONTACT 宮城県登米市を中心に木の家づくり

※現場に出ており、不在の場合もございます。ご了承ください。

サイエンスホーム宮城北店 /

悠々ホーム株式会社

〒987-0321 宮城県登米市米山町西野古舘廻56-1 > アクセス > 会社概要

  
follow us!
Facebook
Instagram

旧ブログはこちら

まずは無料小冊子請求

もうちょっと私たちの家を見てみたい方へ

Welcome!

モデルハウスに行ってみたい! 来場予約はこちら

心地よさを実際に体感してみたい方へ

CONTACT 宮城県登米市を中心に木の家づくり

tel 0120-216-210

※現場に出ており、不在の場合もございます。
ご了承ください。

サイエンスホーム宮城北店 /

悠々ホーム株式会社

〒987-0321 宮城県登米市米山町西野古舘廻56-1

> アクセス > 会社概要

   
follow us!
Facebook
Instagram

旧ブログはこちら